⊂[TOTE | INTERVIEW | D.W.ニコルズ]
D.W.ニコルズ『SUNRISE』インタビュー
INTERVIEW[2013.10.30]
やっぱり人生一回しかないし、
ライブの会場に人が集まるのって、凄く奇跡的なことだと思うし。
来てくれた人達と、とにかく楽しい時間を共有できたら一番良いなと思う。

ニコルズの新しいお日様が昇った!最新作はメジャーリリースとなるサードフルアルバム。
全編まっさらな新曲で固められた『SUNRISE』は楽しい事と大事な事がギュッと詰まった12曲。
D.W.ニコルズのD.W.、わたなべだいすけとベースの千葉真奈美のお二人に話を聞きました。
●まずは、2度目のメジャーデビュー、おめでとうございます!
わたなべだいすけ(以下 わたなべ):ありがとうございます!
千葉真奈美(以下 まなん):ありがとうございます!
●今はどんなお気持ちですか?
わたなべ:思ってた通りになって良かったなっていう感じです。そのままインディーズ(自主レーベル・haleiwa records)でやってくつもりは無かったんで。でも、思ってたよりもデカいチャンスが来たので、頑張って来て良かったなって思います。
まなん:単純に、嬉しいです。だいちゃんが言ったみたいに、こんなにすぐメジャーが決まると思ってなかったんで、びっくりしました。
●何というか、夢がありますよね。同期のバンドマンにもそうですけど。
わたなべ:うん、僕達だけの夢じゃなくなりかけてますね。シーンの夢になりつつある、僕達自体が。
まなん:(笑)。
●はい。TOTEとしては初めましてですし、お話を聞かせていただくのも久しぶりなので、バンドの近況を教えてください。
わたなべ:最近は、2009年にメジャーデビューして、binyl recordsでリリースして、その後はインディーズで、自主制作でCD作ったり、もう一回自分たちを見つめ直す期間を経て、今に至る、って感じですね。
●見つめ直す期間というのは?メンバーで話し合ったり?
わたなべ:メンバーでそれぞれバンドのグッズを考えたりとか、ライブをどうやってくかとか。各曲の方向性とかもそうだし、みんなで話し合いながらやってきたっていう感じですかね。
まなん:わざわざ会合を開いてこれとこれを話し合って決めて、とかじゃなくて、色々やっていく中でその時の流れでこれはこうしようかって常に話はしていくので。皆で意見を出し合ってやっていくことが多いですね。
●はい。見つめ直す期間ってことは、それが前よりも密な感じで?
わたなべ:うん、他に相談することもないしね。自分たちでやらざるを得ないことも増えてきて、結果、バンドを自分たちで動かす事が出来るようになった。そこに新たなスタッフが力を貸してくれたっていう。
●じゃあ、タフになった感じですね。
わたなべ:うん、完全にタフですね。やっぱり、今の時代は自分たちだけでも立ってられるくらいじゃないと、その上に人が乗っかった時につぶれちゃうし。今の僕らにはいくら人が乗ってきても大丈夫だと思う。
●おおー!そういう自信もある?
わたなべ:うん。そういう時代ですから。ヘラヘラしてたらバンドも続けてらんない時代ですよ。でも、ヘラヘラしてるんですけどね、ニコルズは(笑)あえて。でも芯の芯はタフですよ。タフじゃないとヘラヘラ出来ない。
●はい。曲の作り方とか、音楽への向き合い方も変わりましたか?
わたなべ:うーんと、よりピュアに、よりシンプルになったかなとは思いますね。余計なこと考えなくなったと思う。曲作ってアレンジしてライブやるのも、凄くシンプルだし。前よりちゃんと音楽と向き合えてる感じはします。バンド全体として。うん。僕としてはソングライティングを高めていくだけなので、やる事は。なので、まだまだソングライティングっていう物の楽しさは底が見えないし、書けば書くほど楽しいので。これからも曲は書きたいなと思いますけど。
まなん:曲作りとかで一番変わったのは、今まではだいちゃんが書いてきた曲に対して演奏を付けるとかが多かったんですけど、自分たちでやるようになってからは、合宿でセッションしながらバンドで固めていくっていうやり方もやるようになりました。今までそういうのはなかったけど。
わたなべ:まあきっかけだけですけどね。要は曲が出来始めるきっかけが何処から生まれるかって言うところで、今までは僕からしか生まれてなかったのが、4人で演奏しているところから生まれた物を火種に僕が曲を書くようなやり方もするようになった。
●まえはだいちゃんから出てきたものをアレンジ番長の鈴木さんがアレンジしてバンドの音になっていって、それを考えたら。大きな変化ですね。
わたなべ:うん。あとは、ライブを凄く意識するようになったから。そうするとどういうリズムを叩きたいのかとか、ライブでメンバーがどうやったらテンションが上がるのかとか。そういう所からスタートして曲を書いてた。最終的に何処を意識するかじゃないですかね。ライブで盛り上がりたい曲とか、皆で話してから作ったほうが効率が良いっていう。僕が10曲書いた中から選ぶよりは。だから効率は良くなりましたね。
●ライブを想定して考え始めたのは何かきっかけがあったんですか?
わたなべ:やっぱライブが楽しくなきゃ駄目でしょうってところで、楽しいライブをやるバンドだと思うので、D.W.ニコルズは。その時にそこに必要なアイテムは次は何なのか?って、足りない物を作っていくっていう、そういう作業かな。ただ良い曲だけワーッと書いていくんじゃなくて、あの辺とあの辺は足りてるから、じゃあ今ライブでこういうのがあったらもっと盛り上がるんじゃないかっていうのを考えながら作るようになったかな。
●ライブ、イコールお客さんと会うって事じゃないですか。だから聞き手のことをもっと考えるようになった?
わたなべ:うん。本当に僕らがインディーズでやってたときに支えてくれたのはファンの人達だから、ツアー回って皆が楽しそうにしてくれてんのを見て、また続けていこうっていう気持ちも湧いてくるし、皆がとにかく楽しそうにしてくれてんのが嬉しいから、どうやったら皆をもっと楽しませられるかなって、ことを考えてた。

●今回のアルバム『SUNRISE』ですが、これはメジャーリリースが決まってから作り始めたんですか?
わたなべ:いや、元々夏ぐらいにアルバムを出そうって話してて、去年『I like you』(2012.10)っていうミニアルバムを出してから、それの延長線上にあるフルアルバムを作ろうって話してたんです。既にスタジオの予約とかもしてて、色々決まってたところにEMIがウチから出しなさいって言ってくれたんで。それでちょっとリリースが後ろになって、ツアーがリリースより先になったんですよ。
●あーそれでツアーが先で。アルバム自体はどんな物を作ろうと?前作の延長線上の他、サードフルアルバムとして。
わたなべ:なんか、『I like you』ってミニアルバムが凄く、D.W.ニコルズらしい作品になったので、それを更に増幅させた、よりD.W.ニコルズらしい、作品。それが出来る気がしたので。
●じゃあ去年からのテンションが凄く良かったんですね。
わたなべ:うん、そう。ここまでの活動がそのまま、今の状態が凄く楽しく音楽をやれてるから、それをパッケージしようって。それに賛同してくれたのがEMI RECORDS JAPANでした。
●はい。じゃあ制作自体は自分たち主導で始まってて?
まなん:レコーディングが始まる前に、EMIからお話を頂いたので、曲作りは合宿でやってたんですけど。合宿のタイミングくらいでその話を聞いて、自分達的にも盛り上がってこういう曲書こう、こういうのも書こうって。それでプリプロもしっかりやって、本チャンのレコーディングも凄い良い環境でやらせてもらって。
●じゃあ自分たちで用意してたら決まって一気に走り出した、みたいな。
わたなべ:そう、だから俺等が準備してたからだと思うんですけど、この速さでアルバムリリース出来たのは。多分、話し来てから「じゃあどういう風な作品をだそうか?」って始めてたら、もっと遅くなってたと思うし。だからタイミング的に凄く良かったのかなって。良いタイミングでデカイところでのライブもあって、良いパフォーマンスが出来たところもレコード会社の人に見てもらえたので。結果それが契約にも繋がったし。全てはタイミングとか、縁が結びつけた物かなって。
●やっぱりバンドの運とか、力なんでしょうね。
わたなべ:うん…やっぱり、ちゃんと手を開いて待ってれば来るんだなって。ちゃんと準備さえしてれば。
●はい。そのテンションでアルバムに向かっていったと。
わたなべ:うん。今回全曲新曲です。スゲーストックもいっぱいあったんですけど、曲は日常的に書いてるから。それを一回とりあえず置いといて、合宿で作ったりした新しいものからアルバムに入ってます。ほぼ新しいものから。めちゃめちゃお蔵入りにしました。
まなん:はい。勿体無かった。
●じゃあ軸になってるのは合宿の曲で、今のテンションになってからの曲達?
わたなべ:そう、それが主軸になってるからこそ、今回のアルバムのカラーがよりD.W.ニコルズを現してるアルバムになってると思います。
●はい。尺もフルアルバムの満足感はしっかり在るのに、トータルで50分切ってるという。
わたなべ:うん、一時間越えるのは嫌いだから。
まなん:長い曲は皆嫌なので。
わたなべ:本当は全曲3分で終わらせたいんですよ。これでも長いくらい(笑)。やっぱりアルバムは40分くらいがいいですよ、本当はね。
●聴いて元気が出る、ワクワクするアルバムだと思いました。
わたなべ:うん、それは自分達が楽しみながら、ワクワクしながら作ってたから、そのエネルギーが閉じ込められてそうなったんだと思います。やっぱつまんなそうな顔してやってたらね、そんなアルバム面白いわけないし。こっちが楽しんで作るのは前提だと思ってるんで。
●はい。頂いた資料にあるライナーノーツって皆さんが見れる物になりますか?
わたなべ:あ、それはブックレットに入ります。全部見て欲しいから。
●おお、伝えたい気持ちが強い?
わたなべ:うーん、CDという作品、パッケージに、価値を持たせたいから曲が入ってて歌詞が付いてんのは当たり前じゃないですか?そこにプラス、今回で言うと誰がどの楽器を演奏してるのかも細かく表記されてるし、ブックレット…歌詞カードを見ながら聴いたら、今まで気付かなかった事に気付くようなブックレットにしてあるので。
●では1曲ずつ曲紹介をお願いします。


■M1.ニューデイライジング
わたなべ:ザ・ニコルズのアルバムの1曲目っていう感じ。
●これは合宿曲?
わたなべ:そう。このリズム、ドラムのビートに俺のアコギのカッティングが乗っかってるヤツで作りたくて。何か皆でわーって歌ってるやつ、ウォゥウォゥ言ってるヤツが欲しかったんで。
まなん:あはは(笑)。
わたなべ:だから後半ウォゥウォゥ言ってるんですけど。
●今回、皆で歌いたくなる曲が多いですよね。
わたなべ:そう、メンバーも皆歌ってるんですよ。コーラス、ハーモニーっていうよりはシングアロングって感じ。それはやっぱりライブを意識してるからじゃないのかな。うん。
●これを1曲目にしたのは?作ってるときから1曲目になるべく、みたいな感触もありました?
まなん:最初か最後かっていうのはあったよね。どっちかなって。
わたなべ:でもこの歌詞が出来上がった時点で、僕は1曲目かなって思ってました。再生ボタンを押して曲が流れ出すっていうのが1曲目だったら、凄く良いし、ニコルズの新しい旅立ちの1曲目の最初の一行に相応しいかなって。
●はい。歌詞は何度か推敲して?
わたなべ:うん、何度か書いて、でも合宿の時に出てきたものをベースに、一番シンプルな形でまとめました。うん。サビはそのままほとんど出て来てて、そのサビも実は一回消して全く違うストーリーで書いてみたんだけど、やっぱりアルバムの事を考えた時に元々あったサビに合わせて書き直した。
●セカンドフル『ニューレコード』の最後の曲が『beautiful sunset』で、サードフルの最初がこの『ニューデイライジング』で、凄く象徴的だなと。
わたなべ:あ、それ僕らも人に言われて気が付いたんだよね。
まなん:自分達では気付いてなくて。全く意識してなくて。
わたなべ:全然気が付いてなかった。…不思議ですよね。でも正に『ニューレコード』の最後は『beautiful sunset』で沈んでいっちゃったんですからね。沈んでいってまた登ってきたんです。暗示してたかのごとく。
まなん:ニコルズ自体の事?
わたなべ:そうそう。沈んでたじゃないですか?完全に。ねえ?
まなん:はい(笑)。
●でも、あれは唄っておかなきゃいけない曲でしたよね。
わたなべ:そう、あの時はあれが唄いたかったんですよ。だから全ては必然なんです。成るべくしてなって、戻るべくして戻ってきた。
●はい。あと凄く印象的だったのが、10/5のワンマン(東京)で『beautiful sunset』を聴いた時、前のライブで聴いた時と全く印象が違ったんですよ。
わたなべ:うん。
●だいちゃんの表情もメンバーのテンションも違って、曲が生まれ変わったと思うほどの。
わたなべ:そう、俺も歌ってて全然違う気持ちだった。リハーサルでやってた時は分かんなかったんだけど、本番で皆の前で『beautiful sunset』を久しぶりに唄ってみて、全然違う気持ちで唄えたし、今自分の中にちゃんと情熱があるなって、それを確認することが出来たので、良かったなって思います。だから唄っててちょっと笑っちゃったんだけど。
●良かったです。更に新しいアルバムの1曲目がこの曲で、本当に感動しました。胸熱でしたね。
わたなべ:ね。感動しますよね。乗り越えた感がありますよね。分かりやすい1曲目が良いなって思ってたし、ぬる~っと始まるんじゃなくて、分かりやすくパーンと始まったほうが良いんじゃないかなって。だからこの曲を1曲目にしたんですよ。