• 音速ライン
    『鋼鉄の魔法使い』
    インタビュー
    INTERVIEW[2016.11.16]
    3年ぶりのフルアルバムはクラウドファンディングを採用したDIY盤。様々な魔法が起こったライブ感満載のロックアルバムだ。全曲紹介インタビュー!
  • グッバイフジヤマ
    『この胸いっぱいの愛を』
    インタビュー
    INTERVIEW[2016.11.02]
    「盛り上げたりハッピーな感じも好きだけど、僕らの根本にあるのは、歌」
    バンド初のフルアルバムについてボーカル中山とギターの小島にインタビュー。バンドのプチヒストリーもあり!
  • 純喫茶「トーキョーサマー」
    イベントレポート
    SPECIAL[2016.10.11]
    東京喫茶店研究所二代目所長、難波里奈さんの3冊目となる著書『純喫茶、あの味』-愛され続ける名店の一皿- の発売記念イベントが去る7/26、東京・渋谷のLOFT9にて開催されました。スペシャルゲストに『純喫茶、あの味』にも寄稿されているサニーデイ・サービスの曽我部恵一さんを迎え、トークイベントとミニライブの2部構成!
  • DREAM MATCH
    イベントインタビュー
    SPECIAL[2016.09.29]
    今年40周年を迎えた東京の老舗ライブハウス新宿LOFTが放つアニバーサリーイベント40YEARS×40LIVESのうち、『SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FES DREAM MATCH 2016』が9月25日に開催されました。企画者はロフトの名物ブッカー、樋口寛子さん。歌とメロディが良いアーティストをコンセプトにしたというこのFES、主旨やこの企画に込めた気持ちを伺いました。
  • nicoten 『nicoten』
    インタビュー
    INTERVIEW[2016.09.28]
    自分達が自分達らしくあるために、自らで歩き出したnicoten(ニコテン)。バンドの成り立ちから今夏リリースされたセルフタイトルのアルバムまで、徹底インタビュー。新譜の全曲解説つき!
  • ネモト・ド・ショボーレ対談連載
    TALKIN' REC TAPES
    #6ゲスト:松田“CHABE”岳二
    SPECIAL[2016.09.21]
    ロックンロール・レーベル「DECKREC」主催のネモト・ド・ショボーレ氏による対談連載「TALKIN' REC TAPES」。
    第6回目のゲストは松田“CHABE”岳二さんです。
    >> 前編後編
  • クボケンジ『クリスマスソング・プロジェクト』
    インタビュー
    INTERVIEW[2016.08.26]
    メレンゲのクボケンジがクラウドファンディングに挑戦!自主レーベルを立ち上げ、クリスマスソングを制作する企画だ。「やっぱり音楽を作って生きて行きたい」というクボに話を聞いた。
  • ラッキーオールドサン 『Caballero』
    インタビュー
    INTERVIEW[2016.06.22]
    別に誰に見せる訳でもない「こだわり」みたいなもの。そういうのを自分達も持ってますよっていう。
    自分達を見つめ直す必要があった、という2人が導き出したのはLOS流のルーツ・ポップス。カントリーあり、ドゥーワップあり、温度もペースも本当に心地よいのです。
  • 突発!曽根巧×サクマツトム対談
    SPECIAL[2016.05.11]
    ギタリスト・曽根巧とハックルベリーフィンのフロントマン・サクマツトムの対談!
    何の対談かと問われれば、ある男の初期衝動(笑)に巻き込まれた対談とでも言うべきか。
    2人の出会いについても話してもらいました。仲良しっぷりをお楽しみください。
  • INTERVIEW[2016.03.28]
    今年、活動10周年に突入したフラッドから届いたのはメンバー企画によるベストアルバム。100曲以上の持ち曲からメンバー自らが厳選した入門編!ベストにまつわるストーリー&ツアー直前インタビュー。
  • 初めてのライブ教えてください
    Vol.3 口笛太郎さん
    SPECIAL[2015.12.24]
    ライブで出会う「気になる人」に、ライブの話をアレコレ聞く企画、第3回は音楽業界人でありながら口笛奏者としても活動されている口笛太郎さんをお迎えしました。「生演奏してくれるのを酒飲みながら見れるって結構贅沢な時間だと思う」と語る太郎さん、ディープな音楽歴と音楽業界こぼれ話は興味津々でロングインタビューになりました!
  • INTERVIEW[2015.12.18]
    次の作品は必ず自分達にとって前向きで皆を納得させる物でなければならないと思ってた。
    落ち込んだ日々を越えて前を向くために彼等が出した答とは。バンドヒストリーから『YES』の全曲紹介まで、メンバー全員インタビュー。
  • INTERVIEW[2015.11.26]
    フラッドのがむしゃらな強さみたいな物はほぼ本能レベル。
    来年10周年を迎えるフラッドが放つのは佐々木亮介の自伝であり、バンドのヒストリーでもある『花』。未来を見据えた今の叫びを聴け。
COLUMN[2016.10.14]
今回は高円寺へ!何故なら、Vol.3でご登場いただいた長州ちから氏がゴールデン街を飛び出しロックバーをオープン...
REPORT[2016.06.28]
セミファイナルとなる東京公演は新木場!...
REPORT[2016.03.16]
2月に京都と東京でおこなうAnalogfishのワンマンライブ、「KYOTO TO TOKYO」...
REPORT[2016.03.02]
昨年11月にリリースされたミニアルバム『YES』のリリースツアー、ファイナルの東京公演をレポート。...
COLUMN[2016.03.02]
先日町を歩いて裏路地を散策していると小さめの飲食店が一軒あった。...
REPORT[2016.01.18]
「知り合って30年、一緒にバンドをやって16年。人生で初めて組んだバンドがAnalogfishだった」...
REPORT[2014.12.29]
年末恒例?LOVE3のワンマンライブが東京・京都にて開催された。...